tk3.log

こちはら、メモやいろいろを残していきます

Re:VIEW の環境を構築する

Windows Subsystem for Linux に Re:VIEW をインストールする。

まずは Ruby をインストールする

$ sudo apt install -y libreadline-dev libyaml-dev libssl-dev make
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ rbenv install 2.4.0
$ rbenv global 2.4.0

実行環境を作成する

books というディレクトリを作成し、Re:VIEW の サンプルデータを取得する。 サンプルデータ には生成するための設定などが含まれている。

$ mkdir books
$ cd books
$ git clone https://github.com/takahashim/review-sample-book.git

必要な Ruby のパッケージをインストールする

$ bundle init

Gemfile に gem "review" を追記する。

$ vi Gemfile

追記後、次のコマンドを実行する。

$ bundle install --path vendor/bundle

EPUB ファイルを生成してみる

$ cd review-sample-book/src
$ bundle exec review-epubmaker config.yml

PDF ファイルを生成する

PDF の場合は、追加でパッケージをインストールする必要がある。

sudo apt-get install texlive-lang-cjk texlive-binaries  texlive-fonts-recommended

PDF ファイルを生成するには、次のコマンドを実行する。

bundle exec review-pdfmaker config.yml

参考